2chのウソの釣りは逮捕される!匿名でもバレる!

2chのウソの釣りは逮捕される!匿名でもバレる!
ということについて、ちょっと書いていきたいと思います。

今はSNSでいろんな情報が瞬時に拡散される時代になりましたが
ネットである以上いろいろ怖いですね。

真偽不明なものまで、また、ねつ造されたものまで
拡散されると同時に本物と認識され広まってしまいますから。

そのためSNSで何かを発信するときには
内容の真相に嘘偽りがないかしっかり
確認し注意しなければいけなくなりました。

SNSのデマ、釣りがより一層目立つようになってきました。

そんなことが原因で問題視された事件について、
最近ではどのようなことがあったでしょうか?

まだまだ記憶に新しい事件だと思われますが
川崎でおきた中学生の悲しい事件では
SNSで犯人の顔が拡散されるということがありました。
このとき、拡散された犯人の顔とされる画像が、
実は全く関係のない人物だった、ということがありましたね。

こんなこと当事者からしたらたまったものではありませんよね。
自分が知らない間に犯人に仕立て上げられてしまうのですから
自分にどのような危険が及ぶのかもわからない、
家族や兄弟にどのような影響を及ぼすのか分かりませんよね。

他には、マクドナルドのマックカードがキャンペーンで
応募者全員に配られる、といったこともありました。
これについては詐欺に近いようなもので
内容はマックカード15,000円分を
無料でプレゼントすると謳ったものでした。

応募までに様々な手順を踏まないといけず、
実際のところ記載されている手順を踏んでも
キャンペーン内容を受けられないといった状況で
実際このようなキャンペーンは行われていませんでした。

ひと昔前のpc遠隔操作で世間を振り回した事件についても、
警察に誤認逮捕させるなどといった出来事が
世間で話題になりました。

このように見てお分かりの通り、
ネット社会が普及すると同時に人をだますという手法が
犯罪の中でもとても大きく目立ってくるようになってきました。

パソコンの知識があるものが知識のないものを
ターゲットにしてしまう事件や、
確証が得られてないものを簡単に
SNSで発信してしまうことによって
世間が振り回されるといった事件は
必ずといってもいいほど今後も起きるでしょう。

2chやまとめサイトなどでも
デマや釣りが目立つ状況となってきましたが、
これらは犯人が特定されれば天罰が下るということも
忘れてはいけません。

現に「北九州市教育委員会に対する業務妨害」として
会社員の男が書類送検されたということがありましたから。

詳しいことは分かりませんが匿名で投稿しても
調べればわかるらしいです。
あまり悪質なものはそれなりの制裁が加わるようですよ。

ネットだからと言って自由というわけにはいかないようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする