【動画】空手の新しい形?アーナン大って何?

annnan-dai
空手の形でアーナン大っていうのが新しくできたみたいです。
このアーナン大という形について調べてみました。

アーナン大って何?

アーナン大というのは新しくできた形なのだそうです。劉衛流でヘイクー、パイクー、アーナン、とありますがこれらとは全く違うようです。
動画を探したら見つかったので載せておきます。

元世界王者のAntonio Díaz選手のアーナン大です。

動きは基本的にアーナンですね。3方向に蹴ったと思ったら4方向に蹴るなど、めちゃくちゃ蹴るアーナンって感じの形ですね。

おそらく劉衛流の形だと思います。Antonio Díaz選手自体は糸東流ですが。

下半身がしっかりしてないとおそらくフラフラになるパターンのやつですね、これ。笑

円動作があるのでおそらく剛柔になるのでしょうが、ジャッジできるのでしょうかねこれ、審判は。

まぁ自由形ですから細かいところは見ないと思うので大丈夫でしょう笑。

喜友名選手あたりが試合で使ってくるのでは?とあったので、今後日本で誰が最初に使い始めるのか注目したいですね。

この形のポイントは蹴りでしょうね。

四方向の蹴りがふらっふらだったら嫌だな~。笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする