空手、荒賀龍太郎の東京オリンピックの期待度やwikiプロフィール

空手、荒賀龍太郎の東京オリンピックの期待度やwikiプロフィール

東京オリンピックに空手が正式種目に決定してから空手に少しずつ注目が集まっているようです。
そこで今回、荒賀龍太郎選手について調べてみました。プロフィールや東京オリンピックの期待度は?

荒賀龍太郎 プロフィール

yjimage
荒賀龍太郎(あらがりゅうたろう)
1990年10月16日(現在26歳)
身長 184cm
体重 82kg
出身地 京都府

姉の荒賀知子、弟の慎太郎選手も空手家、実家は荒賀道場。
自身は高校時代に無敵の強さを誇り、数々の大会で優勝。

荒賀龍太郎 東京オリンピックで金メダル狙えるか?

以下は空手の国際試合の結果です。2015年以降に荒賀龍太郎選手が出場した試合と結果です。

2016-09-23 Karate1 Premier League – Hamburg 2016 (GER) 優勝
2016-04-15 Karate1 Premier League – Salzburg 2016 (AUT) 優勝
2016-01-22 Karate1 Premier League – Paris 2016 (FRA) 優勝
2015-11-28 Karate1 Premier League – Okinawa 2015 (JPN) 優勝
2015-10-17 Karate1 Premier League – Salzburg 2015 (AUT) 3位
2015-01-23 Karate1 Premier League – Paris 2015 (FRA) 5位

東京オリンピックを前にこの成績を残していますから相当期待できるでしょう。
-84キロ級の階級で挑む彼は、東京オリンピックの大本命といっていいでしょう。

2016年現在空手の世界ランキングで1位になっていますが、決勝の試合はほぼ互角の試合です。
2020年の東京オリンピックに向けてこれからも頑張っていただきたいですね。

2012年の世界選手権の舞台では決勝で敗れています。

他国も近年組手の強い選手が現れてきているので侮れない存在です。

荒賀龍太郎のオリンピックでの期待度は高い?

そんな荒賀龍太郎選手ですが、東京オリンピックに向けて期待されているうちの一人です。

男女の階級は体重ごとで分けられており、「個人組手」は、世界大会においては、体重別で女子は-50kg、-55kg、-61kg、-68kg、+68kgの5階級制となっており、男子は-60kg、-67kg、-75kg、-84kg、+84kgの5階級制となっています。

荒賀龍太郎選手はこれまで-84で出場しているのでおそらく2020年も-84キロ級でエントリーすることでしょう。

-84では2016年現在荒賀龍太郎選手が世界ランキング一位ですが、最近はあまりありませんが以前は負けることもちょこちょことある感じでしたので、今後の4年間がとても重要となってきます。

海外勢は組手競技が強いため、形のように日本がすべて獲る、というわけには中々いきません。

ライバルの存在は?

荒賀龍太郎選手は年齢のこともありますが、今後新たな若手が出てくるだろうと思われます。
海外勢ではZABIOLLAH POORSHAB(ザビオラ選手・イラン)がライバルとされており、負けたり勝ったり、といった状況です。

荒賀選手は国際試合で優勝経験は何度もありますが世界選手権では2度銀メダルという結果に終わっています。

2014年の世界選手権決勝(相手Gogita ARKANIA)。

2012年の世界選手権決勝(相手Kenji Grillon)。

そんな荒賀選手、世界に対する意気込みをこのように語っています。

荒賀龍太郎選手がマークしている選手は
2014年に世界選手権決勝で敗れたGogita ARKANIA選手
2012年に世界選手権決勝で敗れたKenji Grillon選手
そして動画内でも語っていたこれらを差し置いて優勝したZABIOLLAH POORSHAB(ザビオラ選手・イラン)といったあたりでしょう。

ライバルの最近の国際試合での結果は?

そんな荒賀龍太郎選手に大舞台で勝ったことのあるライバルたち、最近の結果はというと

2012年の世界王者Kenji Grillon選手が

2016-09-23 Karate1 Premier League – Hamburg 2016 (GER) 5位
2016-05-05 51st EKF Senior Championships (FRA) 予選敗退
2016-03-19 Karate1 Premier League – Rotterdam 2016 (NED) 7位
2015-09-26 Karate1 Premier League – Coburg 2015 (GER) 予選敗退
2015-03-19 50th EKF Senior Championships (TUR) 3位
2015-02-14 Karate1 Premier League – Almere 2015 (NED) 優勝

2014年の世界王者Gogita ARKANIA選手が

2016-09-23 Karate1 Premier League – Hamburg 2016 (GER) 予選敗退
2016-09-03 Karate1 Premier League – Istanbul 2016 (TUR) 予選敗退
2016-05-05 51st EKF Senior Championships (FRA) 予選敗退
2016-04-08 Karate1 Premier League – Dubai 2016 (UAE) 予選敗退
2016-01-22 Karate1 Premier League – Paris 2016 (FRA) 予選敗退
2015-09-05 Karate1 Premier League – Istanbul 2015 (TUR) 3位
2015-03-19 50th EKF Senior Championships (TUR) 予選敗退

そして、ZABIOLLAH POORSHABザビオラ選手は

2016-09-23 Karate1 Premier League – Hamburg 2016 (GER) 予選敗退
2016-04-08 Karate1 Premier League – Dubai 2016 (UAE) 3位
2016-01-22 Karate1 Premier League – Paris 2016 (FRA) 2位
2015-11-28 Karate1 Premier League – Okinawa 2015 (JPN) 2位
2015-01-23 Karate1 Premier League – Paris 2015 (FRA) 1位
2014-11-05 WKF World Senior Championships 2014 (GER) 5位

といった状況で、2015年末から負けなしの荒賀選手に比べれば国際試合での成績は良くありません。

彼らに比べれば荒賀選手は過去の成績からしてみても、好成績をおさめているので世界選手権で優勝しても当然の実力なのですが、実際簡単にはいかないのが現状のようです。

ですが、まだまだ2016、2018、2020と荒賀選手の活躍に期待が高まっています。

東京オリンピックに期待したいですね。

最後に

空手競技がオリンピックに採用されたにあたって、ルールがわかりづらい人のためにの組手のデモンストレーション動画があったので載せておきます。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする