動画で動くものにモザイクをかける方法。

動画編集で今までなかなかできなかった
「動くものにモザイクを付ける方法」が
簡単にできるようになりました。

YOUTUBEの編集で可能なので
ぜひトライしてみてください!

YOUTUBEで2016年2月26日から、自動で動くものに
モザイクを入れることが可能になりました。
YouTubeの編集機能でできます。

上手くできればこのようになります。

ぼかしを入れる方法。

YouTubeにログインした状態で編集したい動画を開く

ムービーの下にある「動画加工ツール」をクリック
(このマーク)
動画

その後、画像加工ツール画面が開いたら、
右上のある「ぼかし効果」をクリック。


「カスタムぼかし」をクリック

ぼかし設定ができるのでマウスで調整。

タイムラインが表示されるので細かい時間を調節しながら
自動追尾のモザイク加工ができるようになります。

このモザイク機能を使いこなすことができれば
動画に映り込んだ一般人の顔や
動画アップロードで禁止されている映像を
モザイク加工によりぼかすことができます。

YOUTUBEが対象物の動きを認識するので
とても楽にモザイクを設定することができます。

この機能を使いこなしてぜひ、質の高い動画を作成しましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする