羽田圭介、カレー50人前を一人で作る理由はアスペルガーだから?障害?

芥川賞受賞で話題になった羽田圭介さん。現在はバラエティ番組に出演したりと受賞後は様々な分野で活躍されています。
ネットでは障害というワードがあがってきたり、アスペルガーということが話題になったりしているようです。羽田圭介さんのプライベート情報について調べてみました。

スポンサーリンク

image

1985年10月19日(30歳)
東京都
職業 小説家日本
教育 学士(商学)
最終学歴 明治大学商学部
活動期間 2003年
ジャンル 小説
代表作 『スクラップ・アンド・ビルド』(2015年)
主な受賞歴 文藝賞(2003年)
芥川龍之介賞(2015年)
デビュー作 『黒冷水』(2003年)

羽田圭介、実は運動神経がヤバい?

羽田圭介さんといえば小説家として知られていますがこんなエピソードもあります。

幼少時に車に轢かれるが奇跡的に助かるという経験を持つ。高校時代は毎日放課後に40km、自転車で走りトレーニングをしていた。将来の夢として実業団選手を目指していた。自転車で北海道まで走破したこともあるという

というように、一見内向的ですが、実は運動神経抜群なのだそうです。

そして、それはテレビ番組で取り上げられていて、自分自身で筋トレを行っていることも明らかになりました。

yjimage

筋トレで自分を追い込むなど、日々の日課として筋トレをしているのだそうです。

ほかにもサイクリングなども好きなそうで高価な自転車を愛用しています。

yjimage

さらに最近ではライザップの本にも出演するなど、運動などの面でも話題になっているほどです。

『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞した作家・羽田圭介氏も登場。不規則な生活の中で長時間のデスクワークをこなす羽田氏が、RIZAPメソッドに挑戦する様子を掲載した。羽田氏は多忙なスケジュールの合間を縫って取り組み、2カ月間でウエスト-10cmを達成したという。同書では、羽田氏の引き締まった体も掲載している。

羽田圭介 障害とは?アスペルガー?

羽田圭介さんのことについて調べてみると障害とかアスペルガーとかいうようなワードが上がってきます。

これらのワードが上がってくるのはテレビ出演時の発言からで、決して本人が病気というわけではありません。

過去にこんな衝撃的な発言を残しました。

番組に出演した際に登場していきなりクッキーを配り始める
カレーライスは一気に50人前を大量生産する
昔の友だちと遊んでも昔話しかしないので何も生まれない
特に結婚した女友だちと会っても何の意味もない
東京オリンピックにも全く興味がない
女性アーティストの歌を聞いても自分では歌えないので意味がない

少し変わった発言ですが羽田さんは普通の人では考えられないような様々なエピソードがあります。

カレー大量生産とは「カレーが食べたくなったら、業務用のスーパーで材料買い込んで、50人分のカレー作って、そればっかり食べる」

というように一度に大量のカレーを作るそうです。ちなみに彼は一人暮らしです。普通じゃ考えられませんよね。

ちなみにこのことについて本人はどのように考えているのかというと、

「合理的かと思いきや、その合理性に行動を縛られて、結構不自由さを感じていたりすることも多いんですよね。カレーを50人前作ったから、あぁまたカレー食べなきゃいけないのかってウンザリしたりします」

と発言してみたり、

「50人前!?作りすぎじゃないですか?」という質問に対しても

「10人前だとすぐなくなっちゃうしな!と考えていたら、野営方式で作るしかないと思って、圧縮鍋や大釜などをそろえて、50人前作って、半分冷蔵、半分冷凍で保存。意外と1週間くらいでいっちゃいますよ」

というような発言をしています。

普通の人からしたら、考えられない発想ですよね。

そんな突拍子もない行動が障害とかアスペルガーとか言われてしまうのかもしれません。

そんな羽田さんですがマツコは彼のことを「好きかも!」と発言しています。

yjimage

今後俳優として活動していく羽田さんに注目が集まっていますが、彼自身の個性が生かせれ、おもしろい俳優さんとなるかもしれません。今後の彼の俳優としての活躍にも注目ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする