デニステンって韓国人?羽生結弦の妨害とは?

デニステンって韓国人?羽生結弦の妨害とは?
について書いていきたいと思います。

デニステンはフィギュアスケートの名選手として知られています。
羽生結弦選手や宇野昌磨といった日本を代表する選手が出場する舞台にたびたび出場しますね。
デニステンって韓国人?羽生結弦の妨害とは?
ということについて、調べて分かったことを書いていきたいと思います。

デニステンって韓国人?プロフィール

代表国: カザフスタン
生年月日: 1993年6月13日
出生地: アルマトイ
身長: 168 cm
体重: 60 kg
コーチ: フランク・キャロル

トータルスコア: 289.46 2015 四大陸選手権
ショートプログラム: 97.61 2015 四大陸選手権
フリースケーティング: 191.85 2015 四大陸選手権

デニステンって韓国人?についてですがこちらを見てください。

大韓民国(韓国)では、”韓国人の出自”、”抗日運動の英雄の子孫”と定義され、名前が知られている。2013年世界選手権の時期に、日の丸の鉢巻を巻いた写真が韓国で話題になり、それに怒った韓国人の中にはデニスに謝罪を求める声もある。デニス本人は、「私に流れる高麗人の血を誇りに思う」と語っている

つまり韓国人ではないが韓国とかかわりのある人物だといえます。
先祖に抗日運動の英雄がいるため韓国の英雄として持ち上げられているため韓国側の支持があつい。

デニステン、羽生結弦の妨害とは?

一時期デニステンと羽生結弦選手の間でこんなことが話題になりました。

米ボストンで開催のフィギュアスケート世界選手権でソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=が公式練習の曲を掛けた状況の中で、同銅メダリストのデニス・テン(22)=カザフスタン=に“妨害”を受けたとされる問題が発生した。「問題があったとは思わない。私たちはお互いぶつかりはしなかった」と、話していると報じた。

羽生結弦、喘息にかかる

2歳の頃から喘息(ぜんそく)の持病がありスケートを始めた当初の目的のひとつは、喘息を克服することにあった。

羽生結弦 喘息

肺を大きく開いて息を吸い込むことができないため、長年体力や持久力の面で劣ると指摘されてきたが、投薬治療、吸入薬、鍼治療、移動時や練習時にマスクを着用することで心肺機能を上げるなどの対策を続け、改善されつつある

羽生結弦、プルシェンコや荒川静香を尊敬

尊敬する選手はエフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィアー、荒川静香
荒川は同じ⇒アイスリンク仙台で育ち、東北高、早稲田大でも先輩にあたる。

羽生結弦 荒川静香

彼女の代名詞であるレイバック・イナバウワーを自身の演技に取り入れている。
2002年ソルトレイクシティ五輪での演技を見て以来、エフゲニー・プルシェンコに心酔し、
技の手本とするに留まらず、彼のマッシュルームカットまで真似した時期もある。

羽生結弦 髪型 マッシュルームカット
また、彼の得意技であったビールマンスピンを自身の演技に取り入れ、リスペクトを示している。

最大の武器は確実に加点の付くトリプルアクセル

2種類の4回転ジャンプ(トウループとサルコウ)を跳ぶが、最大の武器は確実に加点の付くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)である。

羽生結弦 トリプルアクセル

踏み切り直前に「カウンター」と呼ばれる難しいターンを行ったり、両足のつま先を外側に向けたスプレッドイーグルから踏み切るトリプルアクセルは、常に2~3点のGOE(出来栄え点)がつく。

特に基礎点が1.1倍となる演技後半に組み込んだトリプルアクセルからのコンボは、4回転以上の強力な得点源となっている。フリップは踏み切りがアウトサイドになる癖がありエッジエラーの判定を受けていたが、2011-2012シーズンより矯正に成功した。

まとめ

羽生結弦はこれまでたびたび接触事故を起こしている
・デニステンは「悪気がなかった」「どちらが悪いとも言えない」と述べている
・フィギュアの公式練習では細かい決まりがないため「接触にはお互い気を付けなければならない」とデニステン側が述べている。
・日本ではこれらを「羽生結弦への妨害」として認識されている

感想

羽生選手に関わらず普段の公式練習を見てて「よくぶつからないなー」というのが感想ですね。
公式練習に対して細かい決まりがないのであればデニステン側が悪くて羽生選手側が被害者というのは思い込み。曲がかかれば優先されるという暗黙の了解があるのだそうだが認識の違いがあるのであれば正式ルールとして定めるべき。
羽生選手も接触の危機をこれまで何度も起こしているのだから自分のためにも気を付けるべき。今回、羽生選手に対しての妨害については公式練習で決まりを作らないことが一番の問題だと感じた。

デニステンがこの問題を「妨害」と言われるのには「韓国にルーツがある」という政治的な部分が一番大きいと感じた。ロシアやカナダであればこのような指摘はなかったと思える。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする