iPhone電源がつかない?いや、つかなくするバグを紹介

何かと便利なiPhoneですが
調子が悪くなることはありませんか?

電源がつかない、といったトラブルに
直面したことある人もたくさんいるでしょう。

ここでは「電源がつかない」といった
問題を解決するのではなく、
あえて、電源がつかなくする、
故障させるバグを紹介したいと思います。

注意
自分のアイフォンで試すと本当に
つかなくなってしまうのでご注意ください。

iPhoneが簡単に再起不能になるバグを試してみた

「設定」アイコンをタップし
「一般」「日付と時刻」を開きます

「自動設定」をオフにして
日付を「1970年1月1日」に設定。

スクロールをするのが大変ですが
ひたすら主導で巻き戻してください

「1970年1月1日」まで戻ったら
電源ボタンを押して電源オフにしてください

これだけで終了です。

電源を付けようとしても
アップルマークが表示されるだけで
電源がつきません。

時間をおいても再起不能で
電源がつくことはありません。

自分のアイフォンでは試さないことをオススメします・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする