空手の形のルールがいまいちよくわからない方へ

shimizu

空手の形のルールがいまいちよくわからない方へ

オリンピック競技に採用されて新種目となった空手に注目が集まりだしています。
今まではほぼ考えられませんでしたが、選手がメディアに顔を出すようになり、ニュースでも大会結果が少しずつですが取り上げられるようになりました。

さて、そんな空手ですが、空手には形(かた)種目(型と書く場合もある)と組手種目があります。

今回は形競技についての詳しい説明を行いたいと思います。

スポンサーリンク

空手の形って何?

空手の形というのはどのようなものかというと、「あらゆる方向に敵がいることを想定してつくられたもの」です。
一言でいうと「自分の周りに敵がいる」として演技をしているわけです。

まずはじめに、こちらの動画を見てください。

この選手は高野真優さんという方で動画をYOUTUBEにアップロードしたところかなりの再生数を記録して話題になった選手です。

この高野選手が演技しているのは「カンクウダイ」という形なのですが、このように形を演技する前に形の名称を申告するのがルールとなっています。(0:05部分)

形は「カンクウダイ」という形以外にもたくさんの種類の形があり、勝ち進むに連れ形を変えながら演技していく、のが形の基本的なルールとなります。

高野真優選手の「エンピ」という形です。

このエンピという形はカンクウダイで勝ち進んだ後に行うのが一般的で大抵試合のルールでもそのようになっています。

また、形というのは自分で作っているわけではなく、あらかじめ決められた形のリストがありその中から形を選んで演技しています。

ほかにも、

ジオン
カンクウショウ
ウンスー
ソーチン

など様々なものがあります。

ですので他の選手がたとえ「カンクウダイ」という形を演技しても人によって違う演技にはなりません。カンクウダイならすべて全く同じ動きになります。

そのようにして形という競技は成り立っています。

形の勝敗の分かれ目

形という競技は現在、赤と青に分かれて一人ずつ演技するのが主流となっています。赤の後に青、というように両者が演技した後に審判が赤と青の旗のどちらかを上げ、本数の多いほうが勝ちとなります。
中には大会によっては点数で順位が決まる大会などもあるのですが・・

そして、形の勝敗ですが、勝敗は「どちらの形が優れていたか」という点が勝敗を決めます。

「どちらが優れているのか」というのは突きや蹴りのスピード、力強さ、気迫、気合など様々な点が含まれます。だから形の競技者は日々、少しでも力強く、素早く動けるように練習を積み重ねているのです。

空手には「流派」という概念がある

そして空手には「流派」というものが存在します。

流派というものは簡単に言うと、指導者・継承者の違いによって生じた空手のスタイル、といったところでしょう。

例えばどのようなことかというと現在、空手には「4大流派」というものが存在します。

4大流派というのは「数多くある空手のスタイルをなるべく統一するために考え出された概念」と言えばわかりやすいかもしれません。

現在伝統派空手は以下の4つの流派の元、ルールがすべて構成されています。

糸東流
剛柔流
松濤館流
和道流

この4つの流派を基本とし、試合でルールが定められています。

流派の違いで生じる影響は?

空手で流派が異なるとどのような影響が生じるのかということですが、組手は特に大きな問題は生じません。
組手はポイントを奪いあう競技なので流派は特に試合に関係ありません。

しかし形の場合だと、様々なルールがあります。

先ほど形競技について簡単に説明しましたが実は形にはもっと細かいルールがあるのです。

形は試合で使っても良いとされている形が決められているのですが、その形は流派によって異なっているのです。

例えば上で説明した高野真優選手の「カンクウダイ」や「エンピ」という形。

これは流派でいうと「松濤館流」という流派に分類されます。

そして松濤館流で試合で使って良いとされている形は

抜塞大(バッサイダイ)
抜塞小(バッサイショウ)
観空大(カンクウダイ)
観空小(カンクウショウ)
燕飛(エンピ)
岩鶴(ガンカク)
慈恩(ジオン)
壮鎮(ソーチン)
五十四歩大(ゴジュウシホダイ)
五十四歩小(ゴジュウシホショウ)
雲手(ウンスー)

などがあります。

松濤館流ではこれらが試合で使って良い形と認められているのですが、他の流派では他の流派でそれぞれ決められた形のリストというものが存在します。

ですので、試合のルールによって自分の使う形も考えなければなりません。

指定形とは?

そのように形にはルール上規定があるのです。

さらに形には「指定形」という概念があります。

指定形には「第一指定形」と「第二指定形」の二種類があります。

試合では何でもかんでも形の中から好きな形を選べばいいというわけではなく、ルールで形の指定があればその中から選ばなくてはなりません。

それはすべての流派で共通のことです。

4つの流派全てで「第一指定形」と「第二指定形」が以下のように定められています。

◆第一指定形◆

☆糸東系
・バッサイダイ   ・セイエンチン
☆剛柔系
・セーパイ   ・サイファ
☆松濤館系
・ジオン   ・カンクウダイ
☆和道系
・チントウ   ・セイシャン

◆第二指定形◆

☆糸東系
・ニーパイポ   ・マツムラローハイ
☆剛柔系
・クルルンファ   ・セイサン
☆松濤館系
・カンクウショウ   ・エンピ
☆和道系
・ニーセーシー   ・クーシャンクー

となっています。

そしてこれらに含まれていない形を「自由形」として扱います。

トーナメント形式が現在は主流なので出場人数で多少の違いはありますが、基本的には1・2回戦が第一指定形、3・4回戦が第二指定形、準決勝・決勝が自由形、という考え方が基本になります。

自身が松濤館流でルールが第一指定形の指定があるのにも関わらず、指定形になっていないウンスーなどを初戦で演技してしまうと即失格になってしまいます。

このように形競技にも様々なルールがあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする