川井梨紗子、伊調馨に東京五輪に向け勝てるか?どちらが強いの?

川井梨紗子、伊調馨に東京五輪に向け勝てるか?どちらが強いの?
リオ五輪で見事優勝を果たした川井梨紗子選手と伊調馨選手について。このお二人は元々同じ階級の選手ということが知られています。しかしリオ五輪では川井梨紗子選手が階級を上げて出場し優勝しました。最初で最後のこの階級ということを発言していましたが今後元の階級で挑むということになれば国内で川井梨紗子、伊調馨のお二人が争うことになります。
このお二人について調べてみました。

スポンサーリンク

川井梨紗子、伊調馨のプロフィール

image
川井梨紗子

川井 梨紗子
国籍 日本
生誕 1994年11月21日(21歳)
石川県津幡町
身長 160 cm

石川県津幡町出身の女子レスリング選手。階級は58kg級。身長160cm。父親はグレコローマンレスリングの元学生チャンピオンで、母親は1989年の世界選手権53kg級に出場して7位というレスリング一家。レスリングは小学校2年の時に母親がコーチを務める金沢ジュニアレスリングクラブで始め小学校6年の時には全国少年少女レスリング選手権大会33kg級で2位となった。

高校3年の時には全日本選抜に出場すると、2回戦においてかつて母親のチームメイトだった元世界チャンピオンで20歳年上の山本美憂を破るなど注目の存在となる。2013年には至学館大学に進学し日本の女子レスリングのトップ選手たちとともに日々練習をこなしている。

2016年2月のアジア選手権では優勝を飾り8月18日のリオデジャネイロオリンピックでは金メダルを獲得、FILA世界ランキングは2位(2016年8月現在)。

至学館での練習風景↓

yjimage

伊調馨
国籍  日本
生誕 1984年6月13日(32歳)
青森県の旗青森県八戸市
スポーツ
競技 レスリング
クラブ ALSOK

女子レスリング選手。青森県八戸市出身。身長166cm。中京女子大学(現・至学館大学)卒業。学位は学士 (健康スポーツ科学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)を有する。

姉の伊調千春も女子レスリング選手で、アテネオリンピック、北京オリンピックにおいて女子48kg級銀メダリスト。

兄と姉の影響から青森県の八戸クラブでレスリングを始め、愛知県の中京女子大学附属高校(現・至学館高等学校)から女子レスリングの強豪校として知られる中京女子大学(現・至学館大学)へと進学。56kg級時代はライバルの吉田沙保里に苦戦したが、63kg級に階級を上げてからは無敵の存在となった。

川井梨紗子と伊調馨は以前試合をしていた

川井選手はリオ五輪で優勝したあと「最初で最後の階級」と述べていました。
本来は伊調馨選手が出場している59級の選手で「逃げたと思われるのが嫌」と発言しているほどの選手です。
間違いなく東京オリンピックのメダル候補として挙げられるでしょう。

以前二人は対戦しておりその時の動画がありました。


伊調馨(ALSOK) 川井梨紗子(至学館大)にTフォールで勝利した試合です。
2013年女子レスリング天皇杯全日本選手権の59kg級 準決勝 の動画です。

このときは伊調馨選手の圧勝ですが、それから3年経ち見事リオで優勝した川井選手に期待が高まっているのも否めません。

4連覇の伊調馨選手に新たなライバルが国内で誕生しました。

東京オリンピックはどちらが代表になるのか?

東京オリンピックでお二人がどちらが代表になるのか?ということですが国内での試合の結果によるでしょう。
勢いにのっている川井選手が伊調馨選手を倒すのかそれとも伊調馨選手が守り切るのか、そのほかにも引退という可能性もあります。

さらには別の若手選手が現れる、なんてことも考えられます。

リオ五輪で優勝したお二人が今後どういう展開になっていくのか注目が集まりそうですね。

今後に期待したいです!

栄和人を投げ飛ばす動画↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たま より:

    そうですね~。
    年齢的には川井さんに分があります。
    でも、川井さんの練習相手は女子、伊調選手の練習相手は男子。
    そこがミソなのでは?

    私も他競技をしていましたが、男女合同練習さえつらいのに、伊調選手は男子練習
    に混じって参加。相当厳しい武者修行です。
    技術的にも体力的にも年齢関係なく伊調さんははねのけるのでは?