前田敦子、広島の始球式でかわいいと話題に、画像・動画

アイドルグループAKB48から女優に転向した
前田敦子が広島で始球式を務めた。

前田敦子が始球式を務めたのは
広島・戸鼻島が舞台となった映画
「モヒカン故郷に帰る」の主演を
務めたという経緯があります。

マツダスタジアムで行われた広島-西武戦の始球式で
ミニスカート、オリジナルユニフォームを着て登場。
始球式を終えた前田は、
「貴重な体験をさせてもらった。
私は広島の空気がすごく好き­」とコメント。

前田 敦子
生年月日 1991年7月10日
出生地 日本・千葉県市川市
身長 161 cm
血液型 A型
職業 女優、歌手
ジャンル テレビドラマ・映画・CM
市川市立第七中学校卒業

活動内容
2005年:AKB48
2007年:女優デビュー
2011年:ソロ歌手デビュー
2012年:AKB48卒業

主な作品

映画
『もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

テレビドラマ
『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』

活動経歴

2005年『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に
合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。

12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、
AKB48劇場グランドオープンの舞台に立つ。

2007年4月、
映画『あしたの私のつくり方』で女優デビュー。
AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場。

2008年
ドラマ初主演(南沢奈央とのダブル主演)となる、
『栞と紙魚子の怪奇事件簿』に出演。

2009年
『AKB48 13thシングル選抜総選挙
「神様に誓ってガチです」』で
1位となりメディア選抜に選ばれる。

2010年
連続ドラマ単独初主演となる
『マジすか学園』に出演。
AKB48メンバーとして初の大河ドラマ出演(龍馬伝)。

2011年
『もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
で映画初主演。

シングル「Flower」でソロデビュー。

『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』
でAKB48メンバー初のゴールデンタイム連続ドラマ主演。

2012年
AKB48劇場で開催された
『前田敦子卒業公演』でAKB48を卒業。
『AKB48卒業記念フォトブック『あっちゃん』』が
初週5.0万部の売り上げを記録。
(オリコンBOOKランキングで総合首位を獲得。
BOOKランキングの調査が開始された
2008年4月以降、史上初の
男女通算ソロ写真集での総合首位となった)

2013年
『幽かな彼女』(関西テレビ)で
AKB48卒業後初の連続ドラマ出演。
『クロユリ団地』でAKB48卒業後
初の映画主演(成宮寛貴とのダブル主演)。
『もらとりあむタマ子』で
AKB48卒業後初の映画単独主演。

2014年
『太陽2068』で舞台初出演。

2015年
第66回NHK紅白歌合戦に
大島優子と共にサプライズ出演。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする