卓球水谷隼、嫁や結婚は?波田陽区に似ている?

卓球日本代表の水谷隼選手。リオ五輪ではシングルスで3位になりました。そんな水谷選手の詳しい情報について調べてみました。果たして嫁、結婚、波田陽区とは?

スポンサーリンク

水谷隼 プロフィール

yjimage

選手情報
生年月日 1989年6月9日(27歳)
最高世界ランク 5位
利き腕 左
グリップ シェークハンド
ラケット 水谷隼ZLC
戦型 オールラウンド型
フォア面ラバー テナジー・80
バック面ラバー テナジー・80

2006年日本スポーツ賞優秀選手。北京オリンピック、ロンドンオリンピック、リオデジャネイロオリンピックの日本代表。全日本選手権男子シングルス優勝8回。日本人初のシングルスでのオリンピックメダリスト。

静岡県磐田市出身。小さい頃は野球、バスケットボール、サッカーなど様々なスポーツしていたそうですが両親が卓球経験者であり、父が代表を務める豊田町卓球スポーツ少年団に第1期生として入って5歳から卓球を始めたそうです。
小学校1年生時に初出場した全日本卓球選手権大会バンビの部(小学校2年生以下)で準優勝し本格的に卓球の道に進む。さらに翌年優勝。中学になると卓球面での環境を考え青森山田中学、高校に進学という経歴を歩んでいます。。

その後世界大会では以下の結果を残す。

オリンピック
銅 2016 リオデジャネイロ 男子シングルス
世界卓球選手権
銅 2008 広州 男子団体
銅 2009 横浜 男子ダブルス
銅 2010 モスクワ 男子団体
銅 2012 ドルトムント 男子団体
銅 2013 パリ 男子ダブルス
銅 2014 東京 男子団体
銀 2016 クアラルンプール 男子団体

卓球について

左シェークハンド、両面裏ラバー、オールラウンド型。幼い頃から天性のセンスを持っていたそうで、日本卓球の前原正浩強化本部長は「何十年に1人の天性のボールタッチ」と語っているそうです。平成22年度の全日本で、男子ダブルスにおいては決勝で松平健太・丹羽孝希組に破れて5連覇はならなかったものの、シングルスにおいては初戦から圧倒的な力の差を見せつけ優勝し、史上初の男子シングルス5連覇を達成したという経歴があります。

日本を代表する選手で中国選手と互角に戦える選手として期待されています。

嫁、結婚、波田陽区とは?

活躍する水谷選手、ネットでは奥さんや結婚のことに注目が集まっているようです。

奥さんについて

水谷隼は実は2013年11月22日に結婚されたそうです。
いい夫婦、なんちゃって。
結婚した方は一般女性で2014年6月には出産されているようです。

生まれた長女の名前は茉莉花ちゃん。

水谷隼選手と奥さんは交際期間が7年という長さなのだそうです。
結婚当時は水谷隼が24歳、嫁は21歳だったため、学生のころからの付き合いということでしょう。

水谷選手は青森山田中学・高校と歩んでいるため、卓球の関係者といえるのではないでしょうか?
また、部内恋愛がOKだったのか?
ということも気になりますが・・おそらくOKだったのでしょう。

さらに水谷選手、お笑い芸人の波田陽区さんとも似ていると話題になっています。

yjimage

そっくりですね。

最近お笑い芸人の波田陽区さんテレビで見かけることはありませんが、島田紳助さんと仲がいいともいわれています。
島田紳助さんは彼のことをつまらない、かわいそうな奴、という目で見ており、家に招くほどなのだとか。

水谷選手、リオでシングルスで3位に入賞しましたが東京オリンピックに出場するのか注目ですね。出場した際には中国選手にリベンジを果たしてほしいと思います。

今後も応援していきましょう!
お二人接点は特にないようですが注目されるのもわかります。笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする