岡本夏生が芸能界引退を決めた理由はふかわりょうとの喧嘩ではなかった?

岡本夏生:テレビ側からオファーがないとテレビには出れないものだと思っている。
私たちは「必要ない」といわれたら「待ってください!」と言えない立場。
芸能生活30年、50歳の年で節目かな。

私は過激な発言をするが今の世の中のニーズとかけ離れている。
今の時代に私のようなものは求められていない。

岡本夏生が「自分は世間に求められていない!」と悲鳴?

一体何が?


スポンサーリンク

岡本夏生芸能界引退か?

岡本夏生さんが芸能界引退ともとれる発言を残した。

私は過激な発言をするが今の世の中のニーズとかけ離れている。
今の時代に私のようなものは求められていない。

これまで芸能界で過激発言を繰り返してお茶の間を賑わせていた岡本夏生。

一体何が。

芸能界引退発言前、ふかわりょうとトークショーで大喧嘩を繰り広げ、話題になっていた。

事の発端は2016年4月11日(月)~13(水)北沢タウンホールにて開催されたトークイベント「ガチハル」でのこと。
トークショーに遅れて出演した岡本夏生と出演者のふかわの間に亀裂が。

ふかわ:岡本さんと連絡がとれない状況にあります。
なので、今回のイベント出演は保証できなくなりました。
ひょっこり顔をだす可能性もゼロではありませんが、もしこのままの状況であれば、僕一人で、ガチハルを行います」

携帯電話をなくしたとして連絡が取れずにいる岡本にふかわは
イベント出演の保証はできないと観客に告げる。

そして、ふかわ:「どのつら下げて現れるのでしょうか?」

岡本夏生はその後はイベントが開始する約1時間前の午後6時過ぎに会場入り。

無事に間に合ったと思ったかが・・・

大喧嘩勃発!

岡本夏生:だったら扱いやすいコントロールしやすい人を起用すればいい!

と、会場を後にしてしまった。

実はここに至るまでの経緯で、携帯電話をなくしたとして連絡が取れず、
会場にも足を運ばなかったとされましたが、

実は過激発言などを理由に番組をクビになったことが納得できず、
『ガチハル!』のイベントを欠席しようとスタッフからの連絡を拒否し続けていたら、
イベント主催者側から違約金請求の話が持ち上がったため、慌てて会場に現れた、
という経緯があったのです。

五時に夢中という番組は新聞の話題を取り上げ芸能人がコメントをするという
生放送が売りの番組でしたが、そこで繰り広げられる岡本夏生さんの過激な言動が
関係者に実は迷惑がかかっていたんだとか。

ふかわ:スタッフは毎回あなたの尻拭いをしている。

岡本夏生:じゃあもっとコントロールしやすい人を使えば!

とのことで3日間行われる予定だったトークイベント「ガチハル」は
残りの2日間、岡本夏生はイベントに足を運ばなかった。

初日にこのような問題が起こったため残りの二日間は岡本不在で行うことに・・・・

そして、芸能界引退発表。

岡本夏生:今の時代に私は合わない。何でもストレートに発言をする私のスタイルは今の時代に合わない。
良かれと思ってやっていたことを実は尻拭いをしていたなんて言われてショック。
必要とされていない以上、テレビに出る資格はない。

突然のことにまわりは驚きを隠せないようだったが、とても自分のことを冷静に判断している様子だとも見受けられる。

岡本夏生、芸能界引退後はどうするのか?

岡本夏生:芸能生活30年、この身一つで今まで稼いだ額は50億を超えている。最悪それを売ってでも生活していける。

さらに、

岡本夏生:これが芸能生活最後の肉声になるだろう。今後テレビに出ることはほぼほぼない。

岡本夏生:芸歴30年、50歳という年で節目なのかもしれない。今の芸能界に魅力を感じなくなった。

と、コメントを残したのは朝の情報報道番組ノンストップのインタビューだった。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする