西田敏行、激ヤセ理由の真相!薬で逮捕の可能性についても明らかに!

西田敏行、激ヤセ理由の真相!薬で逮捕の可能性についても明らかに!俳優として活躍している西田敏行さん。
最近は激ヤセしたとして話題になっています。病気なのか?病気だとしたら病名は?薬や逮捕のことについても明らかになったのでまとめてみました。

スポンサーリンク

image 西田敏行 プロフィール

西田 敏行
生年月日 1947年11月4日(68歳)
出生地 福島県郡山市
身長 166cm
血液型 B型
職業 俳優・歌手・タレント・司会者
活動期間 1967年 –
活動内容 1967年:デビュー
1988年:『釣りバカ日誌』
配偶者 既婚
事務所 オフィスコバック

西田敏行 学歴・経歴

明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。
体重80kg超。主演の映画『釣りバカ日誌』は1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)まで22作続いた代表作で一躍有名になった。
日本俳優連合理事長、日本アカデミー賞組織委員会副会長であり既婚者。4歳年下の夫人との間に2女あり。

西田敏行、激ヤセの理由、真相は?

西田敏行さんといえば釣りバカ日誌という作品が有名ですがそんな西田敏行さん、現在激ヤセしたと話題になっています。

俳優の西田敏行(68)、胆のう摘出手術による入院生活を経て久しぶりに華やかな場に姿を現した。杖をつきながらレッドカーペットを歩く西田の顔つきは以前よりもほっそりとしている。

西田敏行、病気だった?病名は?

姿が変わってしまった西田敏行さんですがこのように言われています。

「今年(2016)2月に自宅ベッドから転落し、頸椎亜脱臼。4月19日に手術を受け、都内の病院に入院したが、続けざまに胆のう炎を発症。5月12日に胆のう摘出手術を受けた。

~西田が所属していた劇団青年座時代からの付き合いで、結婚43年になる糟糠の妻、寿子夫人(65)が付きっきりで甲斐甲斐しく看病をしていた~

西田敏行さんは頸椎亜脱臼という報道がされましたが、この病気や症状について

頸椎亜脱臼とは簡単に言えば「頸椎がぐらついている状態」のことです。

「脱臼」ではなく、「亜脱臼」となっているのは本来の関節の位置からはずれているものの完全に外れた状態ではないという意味です。

頸椎自体が首にある骨ですので、これが「脱臼」するというのはかなり生命に危険な状態なんですが・・・。

とはいえ、脱臼でなくともあまり安心ができないのが「頸椎亜脱臼」です。

頸椎は頭を支えるだけではなく、血管や神経を守る役割を果たしています。

頸椎が本来の位置からずれることで逆に血管や神経が圧迫された状態になってしまうわけです。

その結果、体の一部や場合によっては全身がマヒしているような感覚になります。
場合によっては呼吸困難に陥り、命を落とすこともあります。

と頸椎がぐらついている状態で状態は良くないものの脱臼してないだけまだ安心とのことです。

体調がとても心配ですが、2016年に入り西田敏行さんは自身の体調が優れず、様々な仕事に影響を及ぼしているんですね。

今年に入ってのこの症状による仕事の活動状況は以下の通りです。

2016年(平成28年)2月1日、自宅ベッドから転落して首を痛め、「頸椎亜脱臼」と診断される。
出演中のドラマ『家族ノカタチ』の撮影には参加を続けたが、12日に大阪のABCテレビで予定されていた『探偵!ナイトスクープ』の収録は、大事をとって欠席(3月4日・11日放送分)。2月26日に収録に復帰した。

4月19日、腰椎の一部を頸椎に移植する手術を受ける。
手術後に胆のう炎を発症。5月6日に予定されていた『探偵!ナイトスクープ』の収録を取りやめ 5月12日に胆のうの摘出手術を受けた。

5月19日、『人生の楽園』のナレーションで仕事復帰。

6月3日、『探偵!ナイトスクープ』の収録(6月24日、7月1日放送分)でテレビ画面への復帰を果たした。

6月11日に退院。

と、このような経緯を歩んでいます。

世間からは心配の声も多く挙がっており、今後の状況が心配されています。

薬で逮捕の可能性について

ネットでは薬で逮捕といったことが話題となっていますがそのようなことは一切ないとのこと。
このことについては寿子夫人が

「痩せたのは頸椎亜脱臼、胆のう摘出手術のほかにも、糖尿の傾向があったので病院の方で制限食を摂らされていたんです。それで、自然と痩せたんです。10キロぐらい痩せたので、膝への負担なども少なくなって本人は『身が軽くなった』と喜んでいます(笑)。退院後も食事は減塩食にしているんです」

と発言しており、やせた理由は糖尿傾向による食事制限だそうです。

クスリ説については「根も葉もない話です」と否定しています。

さらに仕事の復帰や活動が心配されていますがこのことについては

「頸椎の方も順調ですが、移動の際には転ぶと危ないので、一応、首をカラーでガードしたり、杖をついたりしています。でもナイトスクープの収録の時なんかは新横浜までは車で行って、新幹線で大阪まで通っています。復帰直後はナレーションの仕事が中心だったんですが、おかげさまで回復は順調で、すでに俳優業の方も復帰しています

としています。

このようなことを発言しており、噂されている薬説が嘘だということになりました。

体調のほうもいい方向に向かっているようなので体調に気を付けながら無理しない程度に頑張っていただきたいですね。

今後の西田敏行さんに注目です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする