インパルス堤下の交通事故って?けがや被害状況は?

お笑い芸人のインパルスで知られているメンバーの堤下さんが交通事故を起こしたとして話題になりました。
堤下さんといえば睡眠薬服用しながらも車の運転をしたことでニュースになりましたね。このことについて気になったので調べてみました。
薬ってどんな薬?相手のけが状況は?

スポンサーリンク

堤下敦 プロフィール

本名 堤下敦
ニックネーム つっつん
生年月日 1977年9月9日(40歳)
出身地 神奈川県横浜市神奈川区
血液型 B型
身長 174cm
方言 共通語
最終学歴 関東学院大学中退
出身 NSC東京校4期
コンビ名 プラス2トン(解散)
インパルス
相方 板倉俊之(インパルス)

インパルスのツッコミ担当。相方は板倉俊之。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。東京NSC4期生。身長174cm、体重80kg。

1998年インパルスを結成。2010年12月29日放送『はねるのトびら』年末SPの放送内で公開プロポーズを成功させ、2011年3月3日に入籍していた事が、同年5月11日放送の『はねるのトびら』SPでわかった。11月に番組内で妻の妊娠を発表し、2012年1月24日に長女が誕生した。

インパルス堤下の交通事故って?

堤下さんが事故を起こしたのは6/14のこと。

東京・世田谷区の路上で睡眠導入剤などを飲み、正常な運転ができない恐れがあるにもかかわらず車を運転し、電柱に衝突する事故を起こしたとして道路交通法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで9月6日に書類送検された

とのことです。

今回事故を起こした原因は堤下さんのアレルギーの薬の服用によるもので、服用していた薬については、

運転前に服用していたのは、睡眠導入薬の「ベルソムラ20ミリグラム」、「レンドルミンD錠0.25ミリグラム」を1錠ずつ、アレルギー薬の「アレジオン錠20ミリグラム」を2錠だと説明

と言われています。

この薬が一体どんなものかというと、実は堤下さんは1ヶ月前からアレルギー症状に悩み、病院から処方されたものがこの薬で睡眠作用があるものを車の運転前に服用してしまった

といった状況です。

当時の服用に至るまでの状況について、

服用したタイミングは、自宅付近の銭湯で入浴後に牛乳と一緒に薬を口にし、時間は午前0時30分から1時の間。今回、初めて服用し、薬剤師の説明を受けたが、自らインターネットで薬の情報を事前に調べていたといい「銭湯から自宅まで10分かからない場所。薬が作用するまで多少すると(情報を)目にしたので飲んでしまった」と話し、医師からは運転前の服用は控えるよう指導されていたことも明かした。

とのことですが、アレルギーの薬といえどもこの事故当時の堤下さんの状態は、

警察官が駆けつけた際、堤下はもうろうとした状態で、ハンドルに顔を伏せ「睡眠薬を飲んだ」と話した

といったような状況で記憶も一部しか残っていないほどのレベルだったそうです。

今回の事故でけが人が出なかったものが救いですが、堤下さんの今回の事故は

堤下が運転する車が、反対車線側にはみ出し道路の中央部分で停車しているのを、近くを通りかかったタクシー運転手が見つけ通報。

といった状況だったため、運が悪ければ反対車線にはみ出し対向車と正面衝突・・といった可能性も0ではありません。

ただの自損事故で済んだのが不幸中の幸いで、今後はこのようなことがないように気をつけてほしいですね。
この騒動により相方の板倉さんが謝罪したり、少なくとも周りの人・仕事に影響を与えているようなのでこれを機に反省してほしいですね。

また堤下さんは2012にお子さんが誕生しているのでお子さんのためにも元気なパパでいてほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする