菊地亜美やダレノガレ明美、若槻千夏に「バカ」と一刀両断される

最近芸能界復帰したとして話題の若槻千夏さん。
テレビ出演時に菊地亜美やダレノガレ明美に
向けて放ったコメントがネットで話題に。

彼女のことについて調べてみました。

若槻千夏 プロフィール

別名義 栗原 千春(結婚前の本名)
生年月日 1984年5月28日
出身地 埼玉県比企郡吉見町

一度芸能界から身を引いた若槻千夏さん。
結婚出産を終え、子育ても落ち着いた今、
新たに昔の勢いを取り戻そうと
ネットでは注目されています。

以前はおバカ女王だった?

すでに30代になった若槻千夏さん。
彼女がテレビに出たときは20歳のころで
当時はバカなギャルとして注目を浴び、
さまざまなバラエティ番組に出演していました。

その後タレント業からいったん身を引き、
結婚出産とともに自身の
ファッションブランドを立ち上げるなど
180度違う人生を歩んでいました。

それが芸能界復帰後
しゃべくり007に出演するなど
さっそくかつてのタレントとしての腕を披露しました。

彼女は一度芸能界から身を引いた理由について
このように語っています。

新しいものを求めるテレビの中で
ずっと活動していくのは難しいと思った。

おバカタレントして活動していた昔と違い
今後は現在の自分として頑張りたい

とのことを話していました。

さらにその中で今の芸能界についてこのように語っています。

おバカはいくつかのジャンルに分けることができる。
育ちのいいおバカ、便乗バカ、バカでいこうか迷っているバカ、バカに徹したバカ

その中で菊地亜美を便乗バカ、
ダレノガレ明美をモデルが抜けきれず
バカに対して迷いがあるバカと分析しています。

これに対しネットでは

人のことを言える立場か

有吉気取り?

バカの分類とかどうでもいい…

バカの第一人者みたいに真面目に偉そうに話してて滑稽だった。

おバカタレントもうお腹いっぱい

と厳しい声が上がる一方、

まあその通り

間違ってはないよね。

的を得すぎて爆笑した。

と共感の声も。

おバカキャラが芸能界にひしめく中で
今後どのような活躍をされていくのか注目ですね!

スポンサーリンク