矢口真里、日清カップラーメンのCM内容はどんな?

矢口真里、日清カップラーメンのCM内容はどんな?
矢口真里さんが不倫騒動で話題になってからテレビ出演が減りましたね。
CMに起用されたものの降板されるといった事態も起こりました。
矢口真里が出演した日清カップラーメンのCM内容はどんなものでしょうか?

矢口真里 プロフィール

矢口真里 CM 日清 内容愛称 矢口リーダー、やぐっちゃん
出生日 1983年1月20日(33歳)
血液型 A型
出生・出身地 神奈川県横浜市
ジャンル J-POP
職業 歌手・タレント
活動期間 1998年 –

事務所 アップフロントプロモーション
(1998年 – 2013年)アップフロントクリエイト(2013年 – )

1998年5月に保田圭、市井紗耶香と共にモーニング娘。の第2期メンバーとして加入したところから芸能活動がはじまる。その年第40回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞『NHK紅白歌合戦』に初出場を成し遂げる。2000年には辻希美、加護亜依と3人組ユニットミニモニを組みリーダーを務め注目を浴びバラエティ番組で引っ張りだことなる。

2009年にハロプロを卒業以降はテレビ出演を主に活動に力を入れる。2011年5月に交際中の俳優・中村昌也との婚約を発表するも2013年に不倫が発覚。それにより全てのレギュラー番組を降板することになった約1年4カ月ぶり謹慎期間を乗り越えて芸能活動を再開した。

矢口真里 日清カップラーメンのCM内容はどんなもの?

不倫発覚後芸能活動を再開した矢口真里さんですが
視聴者の厳しい声によりなかなかメディア出演されることが許されませんよね。

CM、日清のカップラーメンのコマーシャルに出演するものの
内容がひどいと苦情の電話が多数ありました。

それによりCM降板となってしまったようです。

しかし実際CM出演したものの出演時間はかなり短いんですよね。

そこに目を付ける視聴者どんだけきらいなんだ!

って感じですが・・


特に問題となったのはその中で使われたキャッチフレーズが
二兎を追う者は一兎をも得ず』という
まさに自身の不倫をネタにしたようなものだったため不謹慎!
とクレームの嵐となったわけです。

その日清のカップヌードルのCMは
当時世間をにぎわせた人物で構成されたCMとなっており
他の出演者にはゴーストライターで話題になった新垣氏が出演していました。

佐村河内守氏に楽曲を提供していたことで話題になった人です。

他には歌手の小林幸子さんもいたりとこれらからお分かりの通り
ゴシップネタで日清は攻めていったようです。

ウケを狙ったCMを作ったものの思いのほか視聴者の反響が多すぎて
CMの放送中止を見合わせる事態となったようです。

思ったよりも反響が大きすぎた
反響があるのは予測していたものの反響が予想以上で放送中止に至った

とのことが中止したと言われています。
ドンマイですよね。笑その動画がこちら

「OBAKA’s UNIVERSITY」

人それぞれ受け止め方は違うでしょうが
「反響があるのは予測していたものの反響が予想以上で放送中止に至った」
というのはちょっと・・って感じですよね。

この日清の対応に世間では・・・
日清ダサすぎる
CMの中で世間の声とかどうでもいい!とか言ってんじゃねーかよ
(バカとは)あんた自身の生き方を貫くってことなんだよ!の発言は?

と、CMでうたっていることとCMの内容そのものが

全く矛盾しているんですよねー。
つまり、

世間の声はどうでもいい!っていうのはうそかよ!結局表向きだけかww
クレームなんて今の時代当たり前だろ。
そんなんに負けてんじゃねーよ
といった、矢口真里CM起用へのクレーム以外にも日清のCMへのクオリティ、

というか半端な意気込み感を否定している状況なんですねー。

日本の人口が1億何千人ですから1パーセントでも苦情を出したら100万、
0.1でも相当な数のクレームがあるわけです。

しかし結局謝罪、取りやめ、といった事態になってしまったようです。

電話応対で忙しかったのかな・・・

矢口真里 CM 日清 内容 謝罪

全文がこちら

この度、3月30日より開始いたしましたカップヌードルの新CMに関しまして、お客様からたくさんのご意見をいただきました。
皆様に、ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます。
皆様のご意見を真摯に受け止め、当CM、「OBAKA’s UNIVERSITY」シリーズの第一弾の放送を取り止めることに致しました。
今回のCMのテーマであります、「CRAZY MAKES the FUTURE.」のメッセージを伝える「OBAKA’s UNIVERSITY」シリーズは、若い世代の方々にエールを贈ることが主旨であり、今後も、そのテーマに沿って、このシリーズをよりよい広告表現で、引き続き展開してまいります。この度は、誠に申し訳ございませんでした。

といった状況なわけです。

日清弱気じゃねーか!!w

となったんですねー笑

・・ということで、

日清の「世間の声とかどうでもいい!」は大ウソだった!

ということがネットで言われたわけです。

まぁ実際売り上げに関わってくるでしょうから仕方のないですが、矢口真里なんてどうでもいい、と思っている人からしたら日清の姿勢に落胆する人がいてもおかしくないですよね。
そんな私は今、書きながら大好きなUFOをいただいているのですが。笑

・・ということで現実は厳しいということが分かりました。

思ったようにはなかなか進まないのが現実ですよね。

これからも日清にはおいしい商品をどんどん打ち出してもらいたいです。

頑張ってほしいですね。

そして最近、視聴者の声が強くなりいろんなことに影響力を及ぼすことになりました。

このことについては賛否両論ありますが
国民の声が反映されやすくなったということで
今回の件はよしとしましょう。

ただ、あまりにもクレームが行き過ぎるとテレビ側の人間も大変かもね・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする